NLPプラクティショナー/NLPマスタープラクティショナー・コースの内容を無料で公開

NLPを学び、心理学や行動科学の側面から組織マネジメントやリーダーシップ、モチベーション、コミュニケーションに有効な内容をまとめています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

「『30年後の医療の姿』を考える会」企画 市民公開シンポジウム「メディカルタウンの青写真を語ろう」へようこそ

来年のことを言うと鬼が笑うと言いますが、
「30年後の医療を明日のことのように語ろう」という
異業種交流の面白い会のご案内です。

絶対いきたいですよね。
何とか調整しなきゃ。。。


「『30年後の医療の姿』を考える会」企画

市民公開シンポジウム「メディカルタウンの青写真を語ろう」へようこそ


4月の「がん対策基本法」施行を前に、2007年は「がん改革元年」と呼ばれている。
がん治療にあたって、より患者の視点に寄り添うことが求められる。あるNPOの調査では、患者より医療現場の方が法への認知度が低いという。

専ら医療者が診るのは「肉体的がん」だが、患者家族にとってはより精神上の問題でもある。一口に「がん」といっても、各人にとって様々な受け止めがあることに思いを巡らす必要がある。

2006年秋、順天堂大学医学部教授・樋野興夫、白十字訪問看護ステーション所長・秋山正子、聖路加看護大学看護学部講師吉川菜穂子が、「なすべきことをなそうとする愛」を実現するため、「『30年後の医療の姿』を考える会」を設立した。

メンバーには医療、官僚、マスコミ、企業関係の異分野から集い、毎月1回の定例会を待つ。
広く市民とともに、医療の現状を正確にとらえ、将来の課題を考えるため、シンポジウムが企画された。


日 時: 2007年 2月18日(日)1:30pm ~ 4:30pm   
入場無料・参加自由

場 所: 聖路加看護大学 アリス C・セントジョン メモリアルホール


プログラム:

はじめに: 秋山 正子(30年後の医療の姿を考える会会長)


第一部 提言 1:30pm ~ 2:00pm

岩本  裕(NHK 報道局科学文化部)
松本 武敏(在宅ホスピス医・元国立がんセンター東病院)
秋山 正子(白十字訪問看護ステーション所長)


第二部 パネルディスカッション 2:00pm ~ 4:15pm

永山 悦子(毎日新聞 科学環境部)
市原 美穂(NPO法人 ホームホスピス宮崎)
第一部 講演者ほか
         
コーディネーター : 柳田 邦男(作家)
          中村 順子(日本看護協会出版会)


おわりに : 樋野 興夫(順天堂大学医学部教授)


本シンポジウムの聴衆の対象は、医療関係者、一般市民、学生であり、「お茶の水メディカルタウン」(21世紀の治療共同体)の「考え方」「指標」を示すことを目指す。  

本会の動機は「30年後の姿を、明日の如く語ること!」の心意気。「最も個別的なことは、最も普遍的である」という原則はここでも生きる。シンポジウムの目的は下記の通り。


モットー:「愉快に過激に品性を持って」  
動因:「なすべきことをなそうとする愛」
戦略:「決勝点を見通した視点」       
戦術:「勇ましき高尚なる生涯」
方法:「Fashion」、「Passion」、「Mission」  
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。