NLPプラクティショナー/NLPマスタープラクティショナー・コースの内容を無料で公開

NLPを学び、心理学や行動科学の側面から組織マネジメントやリーダーシップ、モチベーション、コミュニケーションに有効な内容をまとめています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

“医療が変わる! 医療安全全国共同行動キックオフ・フォーラム”

◆“医療が変わる! 医療安全全国共同行動キックオフ・フォーラム”

日時:平成20年5月17日(土)午後1時‐4時 

会場:経団連ホール(経団連会館14階)

〒100-8188 東京都千代田区大手町1-9-4 TEL:03-5204-1500(代表)
主催:医療安全全国共同行動推進会議 (議長 高久史麿)
   医療の質・安全学会、日本病院団体協議会、日本医師会、日本看護協会、
   日本臨床工学技士会、他

後援:厚生労働省(申請中)

参加費:無料

ホームページ: http://qsh.jp/kyodokodo/

内容:
 医療安全全国共同行動の提案
 米国“10万人の命を救え”キャンペーンからのメッセージ
 8つの行動目標について

医療の安全と医療への信頼を確立するために、いまこそ医療者は職種や立場の壁を超え、医療を担う病院と医療を支えるさまざまな団体・学会・行政・患者・地域社会が一致協力して医療事故の撲滅に総力をあげて取り組むべきと考えますことから、医療安全全国共同行動“いのちをまもるパートナーズ”の実施を提案いたします。 

同プロジェクトは、平成20年5月から2年間をキャンペーン期間として全国の病院が自主的に参加登録を行い、地域内の他の病院と協力しながら、医療の質・安全の確保と向上をめざす8つの行動目標について組織的な活動を実施し、参加団体は協力して活動の効果的な実施に必要な支援を提供します。

 全国の病院はもとより、医療に関わるすべての人々と、それぞれの立場から医療の質・安全の向上をめざすさまざまな団体にこのプロジェクトにご参加いただき、ともに力を合わせて医療事故の防止と信頼される医療の確立を実現することを呼びかけます。

連絡先:医療安全全国共同行動準備委員会事務局
E-mail:secretariat@kyodokodo.jp
    電話: 022-717-8197 FAX: 022-717-8198


スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。