NLPプラクティショナー/NLPマスタープラクティショナー・コースの内容を無料で公開

NLPを学び、心理学や行動科学の側面から組織マネジメントやリーダーシップ、モチベーション、コミュニケーションに有効な内容をまとめています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

グループホームの運営が在宅ケアの鍵

グループホーム等へ「スプリンクラーの設置」が義務化する。
新施設については、2009年4月から、既存施設は2012年4月から適用される。

つまり4年後に向けて既存のグループホームはスプリンクラー設置に向けて年間約100万程度の予算を計上しておく必要がある。
これは現状では不可能で、また旧民家改修型のグループホームなどは入居費等も安く設定して努力している中での支出となる。

今年度のグループホーム外部評価時には一言2012年4月からからのスプリンクラー設置義務化については一言伝えておく必要があると思われる。


スプリンクラー設置ぐむかの背景は、、、

 長崎県大村市の認証症高齢者グループホームで平成18年1月に7名が死亡した火災を受けて、総務省消防庁は認証症高齢者グループホームや知的障害者ケアホーム等の1万ヶ所以上の施設に、スプリンクラーや火災報知設備の設置などを義務付ける消防法施行令が発表された。
 新施設については、2009年4月から、既存施設は2012年4月から適用される。

◇改定案の内容

① 延べ面積1000㎡以上が対象のスプリンクラー設置義務を、一
般住宅並みの275㎡以上に拡大
② 300㎡以上が対象の「自動火災報知設備」の設置を全施設に義務化する
③ 500㎡以上が対象の「火災報知設備」の設置を全施設に義務 化する
④ 1500㎡以上が対象の「消火器」の設置を全施設に義務化する
⑤ 入居者30人以上が対象の「防火管理者」の配置義務を10人以上にする
◆ ただし、一般住宅より大きい施設でも、
①夜間も非難に必要な職員が一定数いる
②居室から屋外に直接避難できる(避難経路が複数ある)---
-など一定の条件を満たすと消防機関が判断した場合については、スプリンクラーの設置義務を免除する基準強化で防火設備を新設すると最大で300万円程度かかると言われている



下記をクリックして下さい。↓↓↓グループホーム外部評価、第三者評価についての質問、問い合わせが直ぐにできます。
問い合わせフォーム

詳細はこちらからメール差し上げます。



スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。