NLPプラクティショナー/NLPマスタープラクティショナー・コースの内容を無料で公開

NLPを学び、心理学や行動科学の側面から組織マネジメントやリーダーシップ、モチベーション、コミュニケーションに有効な内容をまとめています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

日本地域看護学会誌 投稿規程


(平成18年9月24日 改定)


1.本誌への投稿は共著者も含めて本学会会員とする。ただし編集委員会からの依頼原稿はこの限りでない。
2.他誌に発表された原稿(予定も含む)の投稿は認めない。
3.本誌は投稿原稿およびその他のものを掲載する。
1) 投稿原稿の種類とその内容および制限頁数(刷上がり)は次のとおりとする。
頁数には,本文に加え抄録,英文抄録,図表,文献が含まれる。
Ⅰ.原著 独創的な研究論文および科学的な観察・・・・・・・・・・6頁(14400字)
(Original Article)
Ⅱ.総説 研究・調査論文の総括および解説・・・・・・・・・・・・5頁(12000字)
(Review Article)
Ⅲ.研究報告 独創的な研究の短報または手法の改良・提起に関する論文・・5頁(12000字)
(Preliminary Report)
Ⅳ.地域看護活動報告 地域看護活動に関する実践報告・・・・・・・ ・・・5頁(12000字)
(Community Health Nursing Report)
Ⅴ.資料 地域看護上有用な資料・・・・・・・・・・5頁(12000字)      
(Information)
Ⅵ.その他 掲載論文に対する意見,地域看護に関する提言,海外事情,関連学術集会の報告など・・・・・・・・・・・・1頁(2400字)
(Letter)
2)投稿原稿の構成は原則として以下のとおりとする。
抄録 目的・方法・結果・結論について(600字以内)およびキーワード(6個以内)
Ⅰ.緒言 研究の背景・目的
Ⅱ.研究方法 研究・調査・実験・解析に関する手法の記述および資料・材料の集め方
Ⅲ.研究結果 研究等の結果
Ⅳ.考察 結果の考察・評価
Ⅴ.結語 結論(省略も可)
文献 文献の記載は4. 8)に従う。
4.投稿原稿の執筆要領
1)ワープロ使用とする。A4判の用紙に,横書きで25字×32行で印字する。数字および英字は原則として半角とする。刷り上がり1頁は25×32行の印字で3枚に相当する。
2)投稿原稿は原則として日本文または英文とする。
3)特殊な,あるいは特定分野でのみ用いられている単位,符号,略語,ならびに表現には必ず簡単な説明を加えること。
4) 本文には,頁番号を付すこと。
5)図・表および写真には図1,表1および写真1などの番号をつけ,本文とは別にまとめておき,原稿の欄外にそれぞれの希望挿入位置を指定する。
図は原則としてそのまま掲載できる明瞭なものとする。
6)原稿には表紙を付し、上半分には表題、希望する原稿の種類,別刷必要部数,原稿枚数,図表および写真の枚数を書き,キーワードを記す。下半分には,著者名および会員番号,所属機関名,編集委員会への連絡事項および連絡者の氏名および連絡先(所属機関,所在地,電話,Fax,E-mail)などを付記する。
 異なる機関に属する者の共著である場合は,各所属機関に番号をつけて氏名欄の下に一括して示し,その番号を対応する著者の氏名の右肩に記す。
別に英文表紙をつけ,表題,著者名,所属機関名,キーワードを記す。
7)日本文原稿には250語以内の英文抄録をつけること。
 ただし,地域看護活動報告,資料,その他については,これを省略することができる。英文抄録は専門家によるチェックを受けること。
8)文献の記載様式:文献は本文の引用箇所の肩に1).1)~5)などの番号で示し,本文の最後に一括して引用番号順に記載する。文献の著者が3人までは全員,4人以上の場合は3人までを挙げ,4人目以降は省略して,他とする。
(例)
①雑誌の場合
著者名:表題,雑誌名 巻(号):頁-頁,発行年(西暦)
1)島内節・季羽倭文子・内田恵美子・他:在宅ケアのアウトカム研究,看護研究30(5):29-46,1997
2)Sperling R:Frequently asked questions about OASIS: Answers from a rural agency participant, Home Healthcare Nurse 15(5):340-342, 1997
②単行本の場合
著者名:表題,編集名,書名.発行所所在地:発行所,頁-頁,発行年(西暦)
1)金川克子・村嶋幸代・麻原きよみ・他:地域看護学―実践の倫理化をめざしてー.東京:日本看護協会出版会,pp33-56,1997
5.投稿原稿は,表紙,本文,図,表,写真,抄録など,すべて正1部、副2部を送付する。副本はコピーでも可であるが、副本には著者名,所属,謝辞は記載しない。
3.5インチフロッピーディスクにおとした原稿(フォーマット形式を明示)および宛名を記入した返信用封筒(同サイズ)に切手を貼って同封のこと。
6.投稿原稿送付の際は封筒の表に「日本地域看護学会誌原稿」と朱書し,下記に簡易書留で郵送する。
  〒113-0032 東京都文京区弥生2-4-16
(財)学会誌刊行センター 
日本地域看護学会誌編集委員会係  
Tel:03-3817-5821 Fax:03-3817-5820
7.1)投稿論文は随時受け付けるが、2月末および8月末で締め切り、審査をおこなう。投稿原稿の採否は編集委員会で審議し決定する。
2)採用決定したときには、編集委員会から著者に通知する。
8. 掲載原稿の著作権は本学会に帰属する。
9.1)会員の投稿には投稿料を必要とし、投稿料は、投稿と同時に下記銀行口座に振り込む。
 〈投稿料〉  5,000円
三井住友銀行町屋支店 普通口座 9603069
口座名義:日本地域看護学会 会計担当斉藤恵美子(ニホンチイキカンゴガッカイ カイケイタントウサイトウエミコ)
    (投稿時に、振込み用紙の領収書のコピーを添付する)
2) 別刷代は著者負担とする。
3)原掲載論文が制限頁数を超過する場合は,編集委員会の判断で,超過頁の印刷費用を著者から徴収することがある。
4)編集委員会の判断で英文の校閲を専門家に依頼したときは,校閲にかかる費用を著者から徴収することがある。

附則)本規定は、平成18年9月24日から施行する。
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。