NLPプラクティショナー/NLPマスタープラクティショナー・コースの内容を無料で公開

NLPを学び、心理学や行動科学の側面から組織マネジメントやリーダーシップ、モチベーション、コミュニケーションに有効な内容をまとめています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

地域看護に重要な疼痛アセスメント④

連続で紹介するペイマネジメントの内容ほか全てがプリントアウトできます。
現在無料で1日体験できますので一度アクセスしてみて下さい。
→→→<http://www.el-care.jp/ 『終末期の安心ケアシステム』>←←←

疼痛のアセスメント④“部位、性質”

図表及び詳細はhttp://www.el-care.jp/の無料体験でプリントアウトして下さい。

部位

部位をアセスメントする際に留意する点は以下のとおりである。
・ 痛みの部位を患者に指し示してもらう
・ 放散痛があるか、痛みが限局しているのか
・ 圧痛があるか
・ 皮膚感覚に変化があるか
・ 組織の硬さはどうか
・ 皮膚神経分布図(デルマトーム)を使用すると神経学的アセスメントが容易になる
   →神経因性疼痛は、神経分布に沿って痛みを生じる

デルマトーム(詳細はhttp://www.el-care.jp/

性質
痛みがどのような性質を持つかを知ることで、痛みの原因を予測できる。また原因によって、
対処法が異なるので痛みの性質を知ることは重要である。

McGill Pain Questionnaire(MPQ)
MPQは痛みの経験を感覚・情動・評価の3側面から客観的に測定するツールとして開発された(Melzackら1975)。
当初は78語の形容詞から構成されていたが、痛みの質と強さ双方を測定する尺度として開発された。
また後に15語の簡易版も開発されている(MacCaffery1991)
肺がん患者の侵害性疼痛と神経因性疼痛では、MPQから異なった言葉を選んでいたという報告もあることから(Wilkie2001)、痛みの性質から痛みの原因が分かり鎮痛薬の選択が可能となる。
 
McGill Pain Questionnaire  (78語)
(詳細はhttp://www.el-care.jp/で78語を確認して下さい。)



増強因子・緩和因子
痛みの増強因子・緩和因子を把握することは、ケアプランを展開するにあたり重要になる。
患者の生活パターンやリラックス法、趣味などを聴取し、それらを生活に取り入れいかに活かしていくかを患者・家族と共に考えていくことが大事である。
またどのようなケア(冷やす・温める・さする・マッサージ・姿勢の調整)により痛みが緩和したのかを把握し、看護介入に活かしていく。
さらに、行動・時間・環境など、どのようなファクターにより痛みが増強したのかを把握することにより、痛みの出現や悪化を予測したケアをプランニングできる。


日内変動
以下のことをアセスメントすることにより、日常生活上の改善点や鎮痛剤投与方法の変更の評価と検討が可能となる。

・ 1日のうちで、いつ、どの程度痛むのかという痛みのパターン
・ 痛みは間欠的か持続的か
・ 活動により痛みの強さは変化しているか
・ 薬剤の投与時間、投与量の検討


次回は、薬剤による疼痛緩和方法の適切性です。


この内容は一括して1日体験からプリントアウトできます。


在宅ケアの推進『終末期の安心看護システム』
無料体験はこちら→→→<http://www.el-care.jp/ 『終末期の安心看護システム』>←←←クリックしてみて下さい。

スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。