NLPプラクティショナー/NLPマスタープラクティショナー・コースの内容を無料で公開

NLPを学び、心理学や行動科学の側面から組織マネジメントやリーダーシップ、モチベーション、コミュニケーションに有効な内容をまとめています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

地域看護で必要な在宅ターミナルケア“疼痛のアセスメント”②

連続で紹介するペイマネジメントの内容ほか全てがプリントアウトできます。

現在無料で1日体験できますので一度アクセスしてみて下さい。
在宅ケアの推進『終末期の安心看護システム』
無料体験はこちら→→→『終末期の安心看護システム』←←←クリックしてみて下さい。


疼痛のアセスメント②

原因 例)


骨転移による痛み


骨転移により,浸潤や圧迫が進むと,骨自体の痛みに加えて,運動や加重などの体動時に鋭い痛みが起こることがある。

骨転移痛の体動時の痛みはオピオイドが効きにくい。鎮痛補助薬を併用しながら,状態に応じてきめ細かく薬剤を調節する必要がある。

骨の変性や圧迫が進むと,病的骨折が起こるリスクも高くなるため、その予防に関しても考慮する。



神経因性による痛み


米国疼痛学会ガイドラインでは、「神経因性疼痛はがん患者の30~40%に発現し、侵害受容性の痛みに重なる形で発現することが多い」と記載されている。

日常生活ではあまり経験しないような性質の痛みで、「灼けつくような灼熱感のある痛み」、「電撃性で刺すような痛み」、「ビリビリするような痛み」「ズキズキするいたみ」などと表現され、allodynia(衣類が触れただけでも痛みが起こる現象)やtrigger point(痛みの引き金となる部位、発痛点)を伴うなどの特徴がみられる。



次回は疼痛のアセスメント③“種類、程度・強さ”です。

この内容は一括して1日体験からプリントアウトできます。


在宅ケアの推進『終末期の安心看護システム』
無料体験はこちら→→→『終末期の安心看護システム』←←←クリックしてみて下さい。




スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。