NLPプラクティショナー/NLPマスタープラクティショナー・コースの内容を無料で公開

NLPを学び、心理学や行動科学の側面から組織マネジメントやリーダーシップ、モチベーション、コミュニケーションに有効な内容をまとめています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

地域看護に重要な在宅ターミナルケア

在宅ケアの推進『終末期の安心看護システム』ペインマネジメント

在宅ターミナルケアで最も重要な痛みからの開放、痛みのコントロール
エンドオブライフケアシステムでは、必要な知識、スキルを習得できるように
工夫されたプログラムです。
連続で紹介するペイマネジメントの内容ほか全てがプリントアウトできます。
現在無料で1日体験できますので一度アクセスしてみて下さい。
→→→『終末期の安心看護システム』←←←


痛みのコントロールの目標

患者を痛みから解放し、QOLを維持・向上させるために目標を設定する。

患者と話し合い具体的な目標を設定する。

実際、第3・最終目標で目標とされている体動時痛の完全な除去はモルヒネの増量によっても難しい場合が多く、この痛みの緩和を目標としてモルヒネ投与量を設定すると、安静時には過量になることがある。

そこで、患者と相談のうえ、受容できる痛みの状態をみつけていく努力が必要である。

また、たとえば1カ所の骨・筋・神経の働きに伴う痛みには、神経ブロックの適応を考慮する。


第一目標 「夜間の睡眠の確保」・・・痛みに妨げられない夜間の睡眠時間の確保
第二目標 「安静時の除痛」・・・日中の安静時の痛みの消失
第三目標 「普通の日常生活がおくれる状態」・・・体動時や体重負荷時の痛みの消失
最終目標 痛みの消失が維持され、平常の生活に近づくこと


明日は疼痛のアセスメントです。
このペイマネジメントシリーズの内容は一括して1日体験からプリントアウトできます。

在宅ケアの推進『終末期の安心看護システム』

無料体験はこちら→→→『終末期の安心看護システム』←←←クリックしてみて下さい。
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。