NLPプラクティショナー/NLPマスタープラクティショナー・コースの内容を無料で公開

NLPを学び、心理学や行動科学の側面から組織マネジメントやリーダーシップ、モチベーション、コミュニケーションに有効な内容をまとめています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

地域看護における終末期ケアシステム

エンドオブライフケアシステムは、終末期ケアで必要な知識、言葉の定義を図解を交えて細かく説明しています。

経験者が確認しながら経験と知識を整理整頓しながらケアする場合の行動支援はもとより、経験の浅い方がこのシステムを活用することで、現場のケアの質の向上が図れるようになります。

このシステムは、現在1日無料で体験できますので、一度ホームページにアクセスしていただければと思います。

下記は資料例の一部です。
数回にわたり紹介いたします。


ペインマネジメント

◆ おさえておきたい基本的なこと

近代ホスピスの創始者であるCecily Saundersは、末期がんの患者と関わった経験から、がんによる痛みを「Total pain:全人的疼痛」と捉え、4つの因子:「physical pain:身体的疼痛」「精神的疼痛:psychological pain」「social pain:社会的痛み」「spiritual pain:スピリチュアルペイン」があるとした。それぞれの因子が重なりあって増幅因子となる。


がんの身体的苦しみ

がんの診断や治療開始前後の時期から、がん患者は身体的苦しみや精神的苦しみを体験し、病状の進行に伴い苦しみの程度、種類、頻度は大幅に増し、日常生活も障害される。身体的苦しみとしては、疼痛、全身倦怠感、食欲不振、便秘、嘔気と嘔吐、不眠、呼吸困難などが挙げられるが、がん患者の場合、身体的苦しみは最後の数週間に増悪することが多く、比較的ADLが保たれやすいことが特徴として挙げられる。

死前数週間のがん患者の約70%は主症状として痛みを体験している(比嘉ら1998 / WHOガイドライン1986)。

WHOラダーに忠実にペインコントロールを行えば、除痛率は90%を維持するという報告も数多くあるが、日本におけるがん性疼痛の除痛率は、がんセンターで64%、一般病院で46.8%、大学病院に至っては38.8%(平賀ら2002 )である。

その理由として、医療者が患者の痛みを過小評価していること(島内ら2004 / 宇木ら1998)、日本は欧米と比較し極端にモルヒネ消費量が少ないこと(国連国際麻薬統制委員会資料2002)などが指摘されている。

耐え難い身体的苦しみは、不眠をもたらし、食欲を低下させ、患者の日々のささやかな楽しみから自己実現に至るQOLのすべての側面を妨げ、人間としての尊厳を損なわせる。

明日は痛みのコントロールです。

このペイマネジメントシリーズの内容は一括してエンドオブライフケアシステムの1日無料体験からプリントアウトできます。

在宅ケアの推進『終末期の安心看護システム』

無料体験はこちら→→→『終末期の安心看護システム』←←←クリックしてみて下さい。


スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ペインマネジメント

ペインマネジメントでの検索結果をマッシュアップ。一語から広がる言葉のポータルサイト。

一語で検索 2007年08月17日(Fri) 21:10


【 ペインマネジメント 】について最新のブログの口コミをまとめると

ペインマネジメントに関する最新ブログ、ユーチューブ、ネットショッピングからマッシュアップした口コミ情報を提供しています。

プレサーチ 2007年09月25日(Tue) 17:59


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。