NLPプラクティショナー/NLPマスタープラクティショナー・コースの内容を無料で公開

NLPを学び、心理学や行動科学の側面から組織マネジメントやリーダーシップ、モチベーション、コミュニケーションに有効な内容をまとめています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

―未来をひらく、地域の子育て―

昨年の9月の情報です。
古いから忘れがちになる重要な情報だったり、
新しいから影響される意味ない情報だったり、

溢れる情報の中から正しいものを、、、選択する。

その能力が問われるかもしれません。
その能力を育てていかなければならないかもしれません。

恐がってばかりでも、
疑ってばかりでも、
信じてばかりでも、

久々に県のホームページを覗いてみました。

「面白くなーい。」

でも、大切な情報ばかりでした。

ちょっと覗いてみるのもいいかもしれません。


千葉県次世代育成支援行動計画について
―未来をひらく、地域の子育て―

http://www.pref.chiba.lg.jp/syozoku/c_jika/jisedai/keikaku.html

---------------------------------------------------------------

平成18年9月22日
健康福祉部児童家庭課
少子化対策室
電話 043-223-2317
FAX 043-224-4085

 このたび,県では「千葉県次世代育成支援行動計画」を策定しました。 この計画では,「子どもは地域の宝 すべての子どもと子育て家庭の育ちを地域のみんなで支える」を基本理念とし,世代を越えていろいろな人たちが相互に関わり合いながら,「新たな地域像」の実現を目指していくこととしています。

1 千葉県次世代育成支援行動計画について
 「千葉県次世代育成支援行動計画」は次世代育成支援対策推進法第9条の規定に基づく計画で,次世代育成支援に必要な「あるべき地域の姿」を明示して,その実現に向けて具体的な施策を盛り込んでいます。
 計画期間は,概ね10年後(平成27年度)の地域社会を見据えた上で,平成17年度を初年度とする5か年の計画です。

2 作成の経緯
 策定に当たっては,「健康福祉千葉方式」により,子育て中の親など当事者を含む県民で構成された「千葉県次世代育成支援アクションプラン策定作業部会」と県が一体となって内容の検討をすすめ,「21世紀健康福祉戦略検討委員会」,「千葉県社会福祉審議会」,「次世代育成支援対策を推進する千葉県民会議」での議論を経て策定したものです。
 この間,平成16年9月に「経過報告書」,平成17年1月に「計画素案」を示し,広く県民から意見を募集するとともに,県民が主体となって組織した実行委員会が企画運営を行うタウンミーティングを計6回,ミニタウンミーティングを10回開催し,約3000人の方に参加いただくなど,多くの県民の方々に計画づくりに参加していただきました。

3 千葉県次世代育成支援行動計画の概要
 計画では,「子どもを地域の宝として,すべての子どもと子育て家庭の育ちを地域のみんなで支える」子育ての実現を目指しています。地域の力で支える子育て社会の実現のために,「子ども・若者」,「親」,「地域」の三つの柱を立ててそれぞれの当事者の視点で、課題に取り組むこととしています。


≪ 参考 ≫ 計画の構成

第1章 総論
 I 計画の趣旨
 II 市町村への提案
 III 少子化等の現状及び課題
 IV 基本理念及び基本的観点
 V 次世代育成支援行動計画施策体系

第2章 各論
 I 子ども・若者
  1 こえを社会に届けたい
  (1)子どもと若者の権利・社会参画の推進
  2 健康でいたい
  (1)子どもの健康
  3 社会で生きる力をつけたい
  (1)自立する力の育成
  (2)次代の親の育成
  (3)若者の自立・就労支援
  4 一人の人として大切にして欲しい
  (1)児童虐待の防止
  (2)障害児への支援

 II 親(出産・育児・家事・仕事)
  1 安心して子どもを生み、ゆとりを持って育てたい
  (1)安心して妊娠・安全で快適な出産
  (2)ゆとりある子育て
  (3)女性の健康と権利
  (4)子育て世帯の経済的負担の軽減
  (5)ひとり親家庭等への支援
  2 ゆとりを持って仕事も子育てもしていきたい
  (1)仕事と子育てが両立する働き方の実現

 III 地域
  1 子どもを地域の宝としてみんなで育てたい
  (1)次世代育成を支える「新しい地域社会づくり」
  (2)地域での多様な子育て支援・地域の子育て力の充実
  2 みんなと楽しく遊びたい
  (1)群れの再生と自然や文化とのふれあい ~子どもの遊び場づくり~
  3 安心して子育てができる環境をつくりたい
  (1)生活環境の整備 ~子育てバリアフリー・子どもの安全の確保~

第3章 次世代育成支援推進に向けて
 I 地域社会・事業所(主)・行政の役割
 II 新たな財源の確保、効果的な給付方法の検討
 III 国への提言・要望
 IV 計画の推進体制 ~計画を絵に描いた餅にしないために~
 V 施策推進の目標

千葉県次世代育成支援アクションプラン策定作業部会から

スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

児童虐待

岸和田中学生虐待事件(2004年)大阪府岸和田市で中学3年の長男に食事を与えず、餓死寸前まで追い込んだ。発見当初、長男は身長155センチに対して、体重が24キロであり、皮膚の一部が壊死、腐敗しはじめていた。また、次男にも同様に虐待をしていた。この事件で、父親と継母

子育てです 2007年03月01日(Thu) 18:09


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。