NLPプラクティショナー/NLPマスタープラクティショナー・コースの内容を無料で公開

NLPを学び、心理学や行動科学の側面から組織マネジメントやリーダーシップ、モチベーション、コミュニケーションに有効な内容をまとめています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

ソーシャルインクルージョン「善き社会のために」

取材今終わった。


楽しかったー。


自分の想いを語る。


しかも、新聞記者に、記事になる可能性を視野に、、、。


ソーシャルインクルージョン「善き社会のために」


在宅ケアの推進「終末期の安心看護システム」についての必要性、
地域ネットワーク、在宅ケアの重要性、医療福祉分野の改革の緊急性など


熱ーく。語っちゃいました。


商売の話しなしで、終わっちゃってけど、気になるかな?

価格も広く試用していただけるように、訪問看護ステーションなどの組織に
1年間使っていただいて57750円。

無料体験も簡単に登録できるようにして、参考にしていただけるようにしている。

在宅ケアの推進『終末期の安心看護システム』

無料体験はこちら→→→『終末期の安心看護システム』←←←クリックしてね。


その価格設定とサービス内容を聞いて、

「ソーシャルアントレプレナー「社会起業家」ですね。

がんばって下さい。」


って、スッゴク美人の記者に言われてしまった。

うん、がんばっちゃいます。


俄然やる気が出てきた。単純野郎です。ごめんなさい。


高い理想をかかげ、一点の曇りもなく汗をかく!

っだよね。


社会起業家の紹介です。

社会起業家―「よい社会」をつくる人たち
町田 洋次 (著)
出版社/著者からの内容紹介

医療・福祉・環境などの社会サービスをボランティアでなく「事業」として行うのが「社会起業家」である。

この本は社会を変革する新たな担い手たちの活動を紹介する。

「社会起業家」とは、「医療、福祉、教育、環境、文化などの社会サービスを事業として行う人たち」である。社会的使命をもった事業を起業したり、既存の組織に属しながら行き詰まった社会的事業を活性化したり、また、非営利組織をプロとして運営するなど、その活動スタイルは様々である。

 このような人たちの存在は、90年代後半にまずイギリスで紹介された。マクロ公共政策と手厚い社会保障を柱とする従来型福祉国家に替わって、自立型福祉システムを構築し、社会を活性化する存在として注目されたのである。

 いま日本でも、単なるボランティアや経済的利益だけを追求する起業家とは違う「社会起業家」が現れはじめた。荒廃したコミュニティの再生、高齢者介護の新サービスなど、自らの事業に対する使命感、卓抜した創造力、そして強力なリーダーシップを発揮して「よい社会」を目指す彼らの活動を通して、21世紀を担う新しい生き方・働き方を提案する。

またね。。。

スポンサーサイト

PageTop

終末期ケアシステム スタート

産学共同研究開発事業のプログラムが完成しました。

随時バージョンアップしていきます。

本日10日からのスタートですが、既に13訪問看護ステーション
からのお申込を受け付けました。

数日間、1日無料体験をしていただけるようにいたしました。
大学の専門チームが開発し、終末期ケアを標準化しています。
じっくり、ご覧いただけると嬉しいです。

産学共同研究開発“終末期の安心看護システム”
http://www.el-care.jp/

【開発】 国際医療福祉大学看護学科 学科長 教授 島内 節
【特許】 東京医科歯科大学知的財産本部申請中 (特願 2006-299700)

医療費の問題、自宅で最後を過ごしたいという本人の希望や
終末期を在宅で行うご家族の不安の解消、看護・介護にかかわる
専門職の行動支援、教育プログラム、ケアの標準化と質の向上

これらを解決することが目的で開発されています。

是非、ご覧頂、無料体験できる期間に試していただきたくお願いします。
“終末期の安心看護システム” http://www.el-care.jp/

地域医療、在宅ケアの推進のためにお役に立てれば幸いです。





PageTop

在宅ターミナルケア 地域看護と在宅ケアが鍵!

在宅ケアの推進『終末期の安心看護システム』

平成19年3月29日(木)厚生労働省第18専用会議室で社会保障審議会後期高齢者医療の在り方に関する特別部会(第7回)が開催されました。

「後期高齢者医療制度は在宅が鍵」
☆これを支援する仕組みが必要である。

健康保険等の一部を改正する法律(平成18年法律第83号)により、75歳以上の後期高齢者については、
平成20年4月に後期高齢者医療制度を創設ことが決まりました。

これを受けて、第7回目の「後期高齢者医療の在り方に関する特別部会」が平成19年3月29日に開催されました。

今回の議論のまとめとして、後期高齢者にふさわしい医療は、「急性期医療にあっても、治療後の生活を見越した高齢者の評価とマネジメント」「在宅(居宅系施設を含む)を重視した医療」「介護保険のサービスと連携の取れた一体的なサービス提供」「安らかな終末期を迎えるための医療」「その他」が挙げられました。

これからの高齢者に対する医療は、特定の疾患を診ることも重要ですが、精神的なケアを含め、全身を総合的に診察できる医師の育成・確保も大切になってくるのではないでしょうか。

また、平成18年の診療報酬改定において、【平均在院日数の縮小】に手厚い加算がなされたこともあり、【在宅での医療・看取り】はキーポイントになってくるように感じます。

訪問看護や訪問介護が最も重要になってきます。
在宅ケア、地域医療は、今まで経験したことのない在宅ケアを医療・福祉関係者、家族や地域が経験しなければならなくなる。

看護師不足が深刻化し、介護職が減少する中で、不安のまま病院から追い出され、在宅で終末期を迎える患者が激増する。

 これらの課題を解決する仕組みが『終末期の安心看護システム』です。

PageTop

在宅ターミナルケア 終末期看護の教育が鍵!

在宅ケアの推進『終末期の安心看護システム』


開発背景③

看護師の継続教育に関する調査では、具体的分野として「終末期看護」に関する教育を受けたいと回答した人が最も多く、終末期ケアにおける看護師としてのニーズの高さがうかがえた。

一方で統一された教育ツールの開発はされておらず、緩和医療に関するマニュアルが作成されている程度である。

在宅における終末期ケアに関しては、未だアウトカムを含めた有用性を検証した教材は存在せず、標準化されたケアが行われていないのが現状である。

そこで、終末期における在宅ケアが標準化されることで、専門家が共通の知識をもち、技術の提供を行うことができ、在宅でケアを受けることに対する問題の一部を解決することに繋がると考えられる。

終末期における在宅ケアが標準化されることで、個別ケアの質的向上が可能となる。

この目的を達成できるプログラムが、在宅ケアの推進『終末期の安心看護システム』である。


PageTop

在宅ターミナルケア 社会的ニーズと国の施策

終末期の医療費を削減し、本人の希望を叶えること

そして、何より人生の最後の時を

好きな人と、好きな場所で、好きなことで過ごすことが出来るように、、、

在宅ケアの推進『終末期の安心看護システム』


開発背景②

死亡前一ヶ月の「終末期の医療費」は年間約9000億円 (一人平均112万円)にのぼり、わが国の財政を圧迫する原因となっている。自宅死亡が2倍になれば、終末期医療給付金を5000億円削減できるとの試算から厚生労働省は医療・介護の連携強化で、患者の平均入院日数(02年は38日)を30日以下に抑る方針を固めている。

厚生労働省「平成16年人口動態統計」によると、年間のがん死亡者数は前年比1万815人増となり、男性が19万3096人、女性で12万7262人。合計すると32万358人になる。

今後ますます必要性が拡大する在宅医療において、看護師等の専門性を活用し、患者の生活の質の向上を目指したより良いケアを提供していくため、在宅がん末期患者の適切な疼痛緩和ケアの推進および医師等との連携による患者死亡時の適切な対応体制の確立等の関連諸制度の見直しについても提言がなされている。

終末期にある患者と家族にとって限られたかけがえのない時間の充実と人生の価値を高めることを目的とした研究が、国際医療福祉大学在宅地域ケア研究センターで進められ、産学官共同研究開発事業として、現在エンドオブライフケアシステムとして訪問看護ステーションなどを中心に活用されている。

このシステムは、「ご家族の介護支援」や「緩和ケアの推進」などの終末期を在宅で迎えるための課題を解決するものでもある。

こちらをご覧下さい。
『終末期の安心看護システム』

またね。。。

PageTop

在宅ターミナルケア 本人の希望を叶えるために!

在宅ケアの推進『終末期の安心看護システム』

産学官共同研究開発で進めてきたエンドオブライフケアシステム『終末期の安心看護システム』が、4月より訪問看護ステーションなどに活用していただくことになりました。

開発背景や「なぜ」研究にかかわったのか。「なぜ」そこまでこだわるのか。
などなど少しづつ紹介していきます。

「もの」は手段、「こと」に価値がある。

「もの」は『終末期の安心看護システム』
「こと」は、終末期にある患者とご家族にとって限られたかけがえのない時間の充実と人生の価値を高めること。本人の希望を叶えること。


開発背景①

わが国においては、厚生労働省が平成15年に行った「終末期医療に関する調査」から、疼痛を伴う末期時には「自宅で療養し必要であれば緩和病棟に入院したい」が最も多く22%を占め、「自宅で最期まで療養したい」は11%であった。実際、在宅で最期をむかえた人口は徐々に減少傾向にあり、平成17年は12.2%となり、病院での死亡は79.8%であった。一方、分担研究者らが平成17年に行ったX市における後期高齢者全数調査では、在宅で介護を受けたいと回答した人は70%と高く、在宅でケアが受けられる体制の必要性が確認された。欧米においては、在宅での死亡率は20~30%であり、先行研究によると、約70%の回答者が在宅で終末期をむかえたいと望んでいた。これらから、在宅でケアを受け最期をむかえたいと願っても、何らかの問題により不可能となっている現状が示唆されている。


この何らかの問題を明らかにして、それらを解決する必要があった。

これが目標となり、

目標とは、自分との約束。
諦めない限り、歩み続けられる。

行動で示す、目標は力なり
結果で示す、継続は力なり
継続で示す、一貫性の魅力

ソーシャルインクルージョン『善き社会のために』

こちらをご覧下さい。
『終末期の安心看護システム』

またね。。。

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。