NLPプラクティショナー/NLPマスタープラクティショナー・コースの内容を無料で公開

NLPを学び、心理学や行動科学の側面から組織マネジメントやリーダーシップ、モチベーション、コミュニケーションに有効な内容をまとめています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

“医療が変わる! 医療安全全国共同行動キックオフ・フォーラム”

◆“医療が変わる! 医療安全全国共同行動キックオフ・フォーラム”

日時:平成20年5月17日(土)午後1時‐4時 

会場:経団連ホール(経団連会館14階)

〒100-8188 東京都千代田区大手町1-9-4 TEL:03-5204-1500(代表)
主催:医療安全全国共同行動推進会議 (議長 高久史麿)
   医療の質・安全学会、日本病院団体協議会、日本医師会、日本看護協会、
   日本臨床工学技士会、他

後援:厚生労働省(申請中)

参加費:無料

ホームページ: http://qsh.jp/kyodokodo/

内容:
 医療安全全国共同行動の提案
 米国“10万人の命を救え”キャンペーンからのメッセージ
 8つの行動目標について

医療の安全と医療への信頼を確立するために、いまこそ医療者は職種や立場の壁を超え、医療を担う病院と医療を支えるさまざまな団体・学会・行政・患者・地域社会が一致協力して医療事故の撲滅に総力をあげて取り組むべきと考えますことから、医療安全全国共同行動“いのちをまもるパートナーズ”の実施を提案いたします。 

同プロジェクトは、平成20年5月から2年間をキャンペーン期間として全国の病院が自主的に参加登録を行い、地域内の他の病院と協力しながら、医療の質・安全の確保と向上をめざす8つの行動目標について組織的な活動を実施し、参加団体は協力して活動の効果的な実施に必要な支援を提供します。

 全国の病院はもとより、医療に関わるすべての人々と、それぞれの立場から医療の質・安全の向上をめざすさまざまな団体にこのプロジェクトにご参加いただき、ともに力を合わせて医療事故の防止と信頼される医療の確立を実現することを呼びかけます。

連絡先:医療安全全国共同行動準備委員会事務局
E-mail:secretariat@kyodokodo.jp
    電話: 022-717-8197 FAX: 022-717-8198


スポンサーサイト

PageTop

全国初高齢者虐待で指定取り消しで岡山のグループホームRingが指定取り消し

高齢者虐待で指定取り消しで岡山のグループホームRingが指定取り消しになった

ニュースではグループホームRingの管理者は虐待の実態はなく不当な指定取り消しであるとコメントし 訴訟も辞さない構えである

ここでも第三者評価機関 第三者評価調査員の能力が問われる
評価段階で把握すべきサインがあるはずである

これを見逃してしまっては 第三者評価制度の最低レベルの目的を達成できていないということになる

新聞内容は以下の通りである

河北信報社内容
2008年04月17日木曜日

 岡山県津山市の「グループホームRing」に入所する認知症の高齢者に虐待があったとして、同市は17日、介護保険法に基づき、運営する特定非営利活動法人(NPO法人)「高齢者介護研究研修実践の会Ring」の事業者指定を30日に取り消すことを決定した。
 津山市によると、入所者が衰弱している状態を把握しながら放置するなどの虐待が行われていたほか、市の監査の際、施設側は勤務していない管理者が勤務したとする虚偽の報告をしたという。
 「Ring」は認知症グループホームで2004年に岡山県に事業者指定された。
 津山労働基準監督署は3月24日、職員の賃金計約90万円を期日までに支払わなかった労働基準法違反の疑いで、同法人を書類送検している。



産経新聞

高齢者虐待 体重17キロ減 津山の施設、指定取り消しへ
2008年4月17日(木)16:25

 岡山県津山市の「グループホームRing」で、入所する認知症の高齢者全員の体重が大幅に減っていたことが分かり、同市は17日、「栄養状態を悪化させ、衰弱させたのは虐待に当たる」として介護保険法に基づき、運営する特定非営利活動法人(NPO法人)「高齢者介護研究研修実践の会Ring」の事業者指定を30日に取り消すことを決定した。厚生労働省によると、入所者に対する虐待を主な理由として介護施設の事業者指定が取り消されるのは全国で初めて。

 津山市によると、今年3月に同施設を監査。この時点で同施設の入所者は70~90代の女性5人で、全員の体重が入所前と比べて4・5~17キロ減っていた。うち3人が10キロ以上減少し、診断した医師は「施設としての栄養管理に疑問がある」と指摘した。

 最も減った女性は入所前に45キロあったのが、1年3カ月後の今年3月時点で28キロに。また別の女性は50キロの体重が10カ月後に33・5キロにまで減っていた。

 市は、入所者が衰弱している状態を把握しながら放置するなどの虐待が行われていたと判断。市の監査の際、施設側が勤務していない管理者が勤務したとする虚偽の報告もあったという。

 17日、市役所で記者会見した市高齢介護課の島田洋治課長は「入所者は食事を著しく減らされ、低栄養状態になった」と指摘。「施設は状況を把握しながら適切な対応をしなかった」と施設側に怠慢があったとの認識を示した。

 平成18年10月、「Ring」の職員から岡山県国民健康保険団体連合会に「指示に従わない入所者に罰則として食事を与えないなどの虐待をしている」と匿名の通報があり、連合会が津山市に連絡。しかし、施設側は否定し、同市はこの時点では虐待を確認できなかったという。

 「Ring」は認知症グループホームで16年に岡山県に事業者指定された。

 「グループホームRing」の藤井諭理事長の話「虐待の事実は全くない。津山市の主張はでっち上げだ。(問題となった人も含め)入所者は月2回の医師の診察を受けさせ、健康管理はしっかりやっている。処分は明らかな間違いで憤りを感じる。不服申し立てをしたい」


指定取り消しグループホームRing
岡山県津山市日本原字日本199番地
認知症対応型共同生活介護,介護予防認知症対応型共同生活介護

グループホームの外部評価実施評価機関

グループホームRing
2007年3月30日東京リーガルマインド



2006年3月31日NPO法人 ライフサポート


2005年3月31日 NPO法人高齢者と痴呆の人のケアを大切にする会


この評価内容からでは,指定取り消しにいたる状況は把握できない
2008年の外部評価結果を知ることができないが
どのような評価をどの評価機関が行ったのかが知りたいところである

今後の状況を見極める必要はあるが
第三者評価 GHの外部評価 情報の公表のあり方が問われることになる

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。